汚染土壌の浄化が必要とされる背景とは

近年、都市部の開発や建設などが進む中、重金属が含まれる汚染土壌が非常に多く存在していることが明かになってきました。特にヒ素の発生頻度が高く、汚染された土壌を直接摂取したり、土壌が溶出した地下水を飲用したりすると、人体に悪影響を及ぼす可能性があります。
環境保全の視点から大切な地球環境の変化を考えた場合、土の利活用、土地の再活用の重要性も高まっています。

自然由来の汚染土壌はなぜ多いのか?
日本列島には116の火山があります。火山のマグマには様々な重金属類が含まれています。温泉には、ヒ素、ホウ素、フッ素等が含まれ、銅、鉛、亜鉛などの鉱山も全国各地に分布しているように、自然由来の重金属が自然界において様々な形で存在しています。

自然由来 重金属(ヒ素)の分布地図

クリアメタルの汚染土壌処理について

クリアメタルでは、自然由来の汚染土壌で最も発生頻度が高い「ヒ素」を取り除く浄化処理を行っています。
浄化処理システムで使用する特殊鉄粉は汚染物質の吸着力に優れ、泥水中のヒ素を積極的に吸着することにより、細粒土への汚染物質の吸着を抑制します。その結果、これまで汚染物質の除去が困難だった細粒土も浄化されます。

汚染土壌処理システムに関する詳細や、処理施設については、弊社までお問合せください。

クリアメタルの汚染土壌処理の特長

汚染土壌に含まれるヒ素を全量浄化

汚染物質(ヒ素)を特殊鉄粉で吸着・除去し、汚染土壌を全量、環境基準以下に浄化することができます。

汚染土壌に含まれるヒ素を全量浄化
鉄粉を繰り返し利用しコスト削減に貢献

弊社の特殊鉄粉は、回収後も繰り返し利用ができるため、汚染土壌処理のコスト削減に貢献できます。

鉄粉を繰り返し利用しコスト削減に貢献